【徹底解説】家から成績を見る方法【広大生向け】

困ってる人
成績って大学でしか見れないのか。めっちゃ不便じゃん。

そんなお悩みを解決します!

 

広島大学では、「HINET Wi-Fi」につなげることで、「学内エリア限定サイト」にアクセスすることができるようになっています。

HINET Wi-Fiはこんなやつ↓。広大にいたら一度は見たことがあると思います。

この学内エリア限定サイトというのに「もみじ」の成績が入っているので、大学内でしか見れないということですね。

 

でも、実は、家からでも成績を見ることができる方法があるんです。

それがVPNというサービス。

「そんな言葉はじめて聞いた。無理だ。。」という方も、この記事の通り設定すれば、簡単にVPNにつなげることが出来ますよ。

 

あさひ
ちなみに、広島大学情報メディア教育研究センターが公式に推奨している方法なので、危ない方法ではないです!
ご安心ください笑

では、早速設定をはじめていきましょう!

 

多要素認証を設定【事前準備】

情報メディア教育研究センターは、セキュリティ向上のため、多要素認証を推奨しています。

可能であれば、設定しておきましょう。

あさひ
私は、対策しておくに越したことはないと思っているので、設定してます。

設定しない方は、目次から各媒体の設定方法へ。

1.「HINET SSL-VPN MFA 設定ログイン」のページを開く

HINET SSL-VPN MFA 設定ログイン:https://mfa-conf.media.hiroshima-u.ac.jp/multifactorauth/

IMCアカウント:学生番号(英語は小文字)
パスワード:もみじでログインするときのパスワード

2.認証方法を選択する

認証方法には以下の4つがあります。

あさひ
私のおすすめはモバイルアプリでの認証です。
電話、テキストメッセージOATHトークンは確認して、覚えて、入力してと手間があり少し面倒。。
アプリは通知が来て、開いて、認証で終わるので楽々です。
  • 「 電話 」での認証方法
    • 登録した電話番号に電話がかかり、電話に出て音声ガイダンスにしたがうことで接続が完了します。
  • 「 テキストメッセージ  」での認証方法
    • 携帯電話にテキストメッセージ(SMS)で認証用コードが送信され、そのコードを入力することで接続が完了します。スマートフォンだけでなくフューチャーフォン(ガラケーなど)でも対応できます。
  • 「 モバイルアプリ 」での認証方法
    • スマートフォンにアプリをインストールし、アプリで認証ボタンをタップすることで接続が完了します。(アプリ:Microsoft Authenticator)
  • 「 OATHトークン 」での認証方法
    • スマートフォンにアプリをインストールし、アプリに届いたコードを入力することで接続が完了します。「モバイルアプリ」での認証方法の”認証ボタンをタップ”する 方法ではなく ”コードを入れる” 方法になります。

引用:https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/services/hinet/vpngw/mfa-conf/

今回は、おすすめの2つ、「テキストメッセージ」「モバイルアプリ」の設定方法を紹介します。

テキストメッセージでの認証方法は3-1.テキストメッセージで認証する

モバイルアプリでの認証方法は3-2.モバイルアプリで認証する

3-1.テキストメッセージで認証する

①認証方法で「テキストメッセージ」を選択
認証方法:テキストメッセージ
電話番号:日本 +81|8012345678(最初の0は入力しない)
②テキストメッセージをスマホで確認

Microsoftからメッセージが届きます。

③「ワンタイムパスコード」にコードを入力し、「認証」をクリック
引用:https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/services/hinet/vpngw/mfa-conf/mfa-conf-deteil/
④「ようこそ」の画面が表示されれば完了です
引用:https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/services/hinet/vpngw/mfa-conf/mfa-conf-deteil/
では、目次から各媒体でのVPNの設定にいきましょう。

3-2.モバイルアプリで認証する

スマホでこの記事を見ている方へ

この認証方法の場合、スマホでQRコードを読み込む必要があるので、HINET SSL-VPN MFA 設定ログインをパソコンで開くことをおすすめします。
パソコンが手元にない方はこのままスマホで大丈夫です。

この記事ではiPhoneの画面で説明しますが、Androidでも同様にできます。

①認証方法で「モバイルアプリ」を選択し、「アクティブコードの生成」をクリック
引用:https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/services/hinet/vpngw/mfa-conf/mfa-conf-deteil/
②QRコードが表示されるので、そのままにしてスマホでの操作に移ります

③アプリ「Microsoft Authenticator」をダウンロード

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.azure.authenticator&hl=ja&gl=US
iOS:https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-authenticator/id983156458

すでにダウンロードしている方は⑤へ

④アプリを開く

プライバシー規約に同意します。

⑤「QRコードをスキャンします」を選択

すでにアプリをダウンロードしている方は、「右上の+ボタン」→「職場または学校アカウント」でQRコードの画面が開きます。

⑥通知をオンにする

⑦パソコンに表示しておいたQRコードをスキャン

⑧このように「HINET-MFA」と表示されていれば完了です

それでは、各媒体でのVPNの設定にいきましょう。

家から成績を見る方法【徹底解説】

Windows

Windowsでは「Chrome」を使用して設定します。

もしChromeを使っていない方がいればぜひこの機会に使ってみてください。

大まかな流れは以下のようになっています。

  1. Cisco AnyConnect Secure Mobility Clientをダウンロードする
  2. Cisco AnyConnect Secure Mobility Clientを実行する
  3. もみじにて確認

 

Cisco AnyConnect Secure Mobility Clientをダウンロードする

1.サイトからCisco AnyConnect Secure Mobility Clientをダウンロードする

Windowsの10 / 8.1 [32/64bit]をダウンロードします。

広島大学情報メディア教育研究センター
VPN(SSL-VPN)サービス:https://www.media.hiroshima-u.ac.jp/services/hinet/vpngw/

2.ダウンロードしたファイルを実行

3.Nextをクリック

実行すると以下のようなウィンドウが出てくるので、Nextをクリックします。

4.「I accept the terms in the License Agreement」をクリックして、規約に同意

「I accept the terms in the License Agreement」をクリックして、規約に同意すると、Nextをクリックできるようになります。

5.Ready to Installと出るので、Installをクリック

6.「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出るので「はい」をクリック

7.インストールが完了するのを待ちます

通信環境にもよりますが、1~3分で終わると思います。

8.Completing~とでたら「Finish」でインストールは完了です

Cisco AnyConnect Secure Mobility Clientを実行する

9.Cisco AnyConnect Secure Mobility Clientを実行する

インストールした「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」を実行します。

下のバーにある「検索するには、ここに入力します」に「Cisco」と入力すると、アプリが出てくるはずです。

10.サーバーネームを入力

あさひ
「コピー」をクリックするとサーバ名をコピーできますよ
通常認証の場合
サーバ名:

vpngw.hiroshima-u.ac.jp

Copy
多要素認証の場合 ※多要素認証を利用するには、事前準備が必要です。
サーバ名:

vpngw.hiroshima-u.ac.jp/mfa

Copy
11.Username、Passwordを入力

UsernameとPasswordが求められるので、以下のように入力します。

Username:学生番号(英語は小文字)
Password:広大パスワード(もみじのログインなどで使うパスワード)

多要素認証の設定をしている方は、この後に認証を求められます。

テキストメッセージの方はメッセージからコードを入力、モバイルアプリの方は通知がくる(画像参照)のでそれに従って認証してください。

12.接続完了

この様な表示が右下に出れば接続完了です。

右下の^マークをクリックして、このように鍵マークが出ていれば接続されています。

もみじにて確認

13.もみじにログインして「成績」の欄が見えていれば成功です!

 

Mac(準備中・・・)

 

スマホから見る方法も解説!

 

iOS(iPhone)

  1. Cisco AnyConnectをダウンロードする
  2. アプリを使ってVPNに接続する
  3. もみじで確認する

Cisco AnyConnectをダウンロードする

1.Cisco AnyConnectをダウンロード

Cisco AnyConnectというアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロードはこちら

アプリを使ってVPNに接続する

2.アプリを起動
3.通知を「オン」

通知はどちらでもいいですが、ここでは「許可」にしておきましょう

4.「AnyConnect VPN」をオン

5.説明(任意)とサーバを入力

説明(任意)とサーバを入力します。

「事前準備 多要素認証」で多要素認証の設定をしていない方は、「通常認証の場合」へ。

多要素認証の設定をした方は「多要素認証の場合」へ。

このページをPCで見ている方は、スマホで開いてコピーすると簡単です。

←この記事のQRコード
クリックで拡大

 

あさひ
「コピー」をクリックすると説明・サーバ名をコピーできますよ
通常認証の場合
説明(自分の好きな名前をつけて大丈夫です):

HIRODAI-VPN

コピー

サーバ名:

vpngw.hiroshima-u.ac.jp

コピー
多要素認証の場合 ※多要素認証を利用するには「事前準備」が必要。
説明(自分の好きな名前をつけて大丈夫です):

HIRODAI-VPN

コピー

サーバ名:

vpngw.hiroshima-u.ac.jp/mfa

コピー
6.「”AnyConnect”がVPN構成の追加を求めています」と出るので「許可」をクリック

許可すると、設定アプリに飛んでTouch IDまたはパスワードを求められます。

VPN構成が追加されたら、再度アプリを開きます。

7.VPNに接続

VPNの設定が出来たので、接続します。

再度、AnyConnect VPNをオンにします。

8.ユーザ名とパスワードを入力

するとユーザ名とパスワードが求められます。以下のように入力します。

ユーザ名:学生番号(英語は小文字)
パスワード:広大パスワード(もみじのログインなどで使うパスワード)

多要素認証の設定をしている方は、ここで認証を求められます。

テキストメッセージの方はメッセージからコードを、モバイルアプリの方は通知がくる(画像参照)ので表示に従って認証してください。

9.接続完了

このような画面になれば接続完了です。

VPNに接続しているときは上に「VPN」と表示が出ています。

もみじで確認する

10.もみじを開いて「成績」の欄が出ていれば成功です!

Android(準備中・・・)

準備中です。お待ち下さい。

おわりに

今回は家でも成績を見ることができるよう、設定方法を手順を追って、説明してきました。
最初のちょっとの手間でその後ずっと便利なので、広大生のガイダンスでやればいいのにと思ってます笑
みなさんの近くの人でやってなさそうな人がいれば、ぜひ教えてあげてくださいね。