悲しいことですが、一部の出会い系サイトの利用者の方からはいくつか被害が報告されており、その中で最も頻度の高い被害は、シンプルに「サイトを使っても、出会えない」という被害です。

もちろん、利用者本人に責任があって出会えないというケースは該当しません。

被害とみなすべき事態とは、サイト自体が悪質で、システム上決して出会えないのに、さも出会えるように偽装している場合です。たとえば、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)登録者がすべてサクラであるという事態もあったり、最近では、コンピュータにプログラムされた文章が返信されているだけのこともあり、ただただ時間と費用が水の泡となるという被害報告もあります。

インターネットの出会いだけでなく、相手と始めて会った時の第一印象が、その後のつきあい方まで影響を及ぼすとよく言われます。

なのでインターネットの出会い系サイトでしり合った相手と始めて会う時は、相手に好印象を与えるような服装を心がけましょう。
相手の不得手なタイプの服装だったせいで、絶縁状態になったというケースもあります。

長い期間のメールのやり取りで仲良くなり、やっと会えるという段階に来たのですから、デートでより良い一日になるように、ファッションにもヘアメイクにも十分に気を配りましょう。

恐喝や美人局等の被害に遭う可能性が、やはり出会い系サイトの利用者にとって最も気になることだと思います。
といっても、その多くは未成年の利用者の場合です。成人男性が遭遇する犯罪として最も多いと言えるのは、相手の女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が18歳未満という可能性があることをしりながら、妊娠させてしまいトラブルに至るという場合が多いようです。
一方女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)利用者が犯罪に巻き込まれてしまう場合、サイトでしり合った男性と会ってうっかり車に乗ってしまい人気のない場所に連れて行かれるということが往々にして見られます。婚活はここ最近、結婚相手の捜し方はお見合いや紹介などとは限らなくなっています。

簡単なもので言えば、いわゆる「出会い系サイト」が挙げられます。
「出会い系サイト」という名前にはどうしてもあそび目的の利用者が多く、ともすると危険な目に会うかもしれない、あまりおらず、あそびを求める人が多いというイメージがあるでしょう。そんなことはありません。
実際には婚活として真面目に出会い系サイトを使う人もいますので、プロフィールを見て「この人だ!」と思った人には、勇気を出してアプローチしてみましょう。出会い系サイトを使っている人の内、あまり深く考えずに自身の個人情報を公開してしまう人が増加傾向にあり問題になります。

数多く存在する出会い系のサイトですが良からぬサイトも多数存在するため、個人に関する情報に触れる項目は本当に必要なものしか公開しない事です。とり理由、身分証明書などのコピーを開示する事は大変危険ですので、決してアップしてはいけません。まだ本当に信用できる関係ではない人にはむやみにプライバシーにたち入らせてはいけません。管理人のお世話になってるサイト⇒タダマン女とセックスしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です